北海道連合会で「国際交流インターンシップ」始動!

北海道連合会では、2017年度の全道総会において、「国際交流インターンシップ」を導入することを決定しました。会の諸活動に携わってもらうことで、参加者のキャリア形成につなげること、会の活動を広く知ってもらうことなどが目的です。今回、第49回全道ロシア語弁論大会で多数のインターンシップ生が参加しました。参加者から感想をいただきましたので掲載します。


渡辺智揮(北海学園大学3年生)
今年も去年に引き続きロシア語弁論大会の運営に携わり、年の近い大学生や自分よりも年齢の低い高校生や小学生が違う国の言語で自由に自分の気持ちを表現しているのを実際に聞いて強く衝撃を受けた。我々も人前で自信を持って自分を表現できる何かを見つけ、彼らのように輝きたいと感じた。また出来ることなら来年も意欲的にロシア語弁論大会に参加し、彼ら彼女らが気持ち良くロシア語と向き合えるような環境を作りたい。




[PR]
by jesdoren | 2018-02-05 15:58 | Comments(0)
<< 第49回全道ロシア語弁論大会の様子 第73期(2018年度)札幌支... >>