グルジアワイン・ウクライナワイン

クリスマスが近づいてきました♪忘年会シーズンでもありますね!
そんな場にはおいしいお酒が欠かせません!
こちらの事務所内では以下のチラシ掲載のようなユーラシア諸国の酒類も扱っております。
是非お立ち寄りください.
※酒類の扱いは「アイ・ユーラシア」です。
在庫切れの場合もありますのでその際には何卒ご容赦ください.

e0117314_11445134.jpg
e0117314_1145560.jpg



(味覚には個人差があります)

♠ ピロスマニ やや甘口赤ワイン  
(葡萄晶種=サペラヴイ種)
アラザニ地域産サペラヴィ種を100パーセント使用。明るいルビー色、心地よい香りとやわからな口当たりで・世界各国で愛飲されいる。寒い冬場に発酵・安定させた後、香り、味に強烈な果樹味を残すため数種類のワインをブレンドしている。グルジアの有名な画家(ピロスマニ・シビリ)に捧げられ・ワインの名前に画家の名前を与えられた。

♠ ピロスマニ やや甘口白ワイン  
口当たりが柔らかく、酸味も適度に押さえられたワインです。さわやかな甘みがウリ!

♠ ツナンダリ 辛口白ワイン 
(葡萄品種:ルカッテリ種、ムツバネ種)
 グルジア有数の栽培地のテラヴィ地域(カヘチ地方)で栽培。2~3年オーク材の樽で熟成。初めは緑がかった淡黄色であるが、後に黄金色となり、さわやかな切れがある。ポリフェノールが通常の5倍入っており、グルジアの代表的白ワイン。多くの国際コンクールで賞を受けているとされる。

♠ アラザニ やや甘口白ワイン 
(葡萄品種:ルカツィテル種)
発酵後、酸味を抑えたやわらかな甘口にするためブレンドされ・飲みやすい。若い時は麦わら色だが、2年後から深みが増す。透明感のあるフルーティなワイン。

♠ サペラヴィ 辛ロ赤ワイン 
(葡萄品種:サペラヴィ種)
カヘチ地方のサペラヴィ種を100パーセント使用。サペラヴィ種はグルジアの原種のブドウで、若い時は紫色、4-5年でビンテージにコクが出る。味は成熟した黒いちごの風味、やわらかなタンニンと程よい酸味、後味には豊かなフルーツの香りが長く残るバランスのとれたワイン。国際コンクールで金、銀それぞれを獲得したとされる。

♠ アラザニ やや甘口赤ワイン 
(葡萄品種:サベラヴィ種、ルカツィテリ種)
アラザニという名称はグルジアとアゼルバイジャンとの境に流れる川の名称。この地域は気候が温暖でより甘みの増したブドウができる。発酵後、酸味を抑えたやわらかな甘口にするため2種類のワインをブレンドしている。若い時は明るいレッドカラーだが、2年ぐらいでやわらかな煉瓦色となる。

♠ スパークリング やや甘口白ワイン (葡萄品種:サペラヴィ種、ルカツィテリ種)
グルジァ西部で栽培された葡萄による伝統的な製法によるスパークリングワイン。酸味と糖分とのすぐれた調和、少ないタンニン、繊細で上品なアロマ、軽快な風味が特徴。自然な泡立ちは特に評価が高い.クリスマスパーティーにいかがでしょうか?

♠ オールド・トビリシ(白・ドライ) (赤・ドライ)

【アルメニアコニャック】
♠ アララット アニイ(6年) 

【高級ワイン】価格はお問い合わせください。
♠ フバンチカラ (やや甘口,赤) 

♠ キンズマラウリ (高級ワイン)
[PR]
by jesdoren | 2013-12-19 11:48
<< ノボシビルスクとのスカイプ交流 札幌のロシア料理店 >>