全道ロシア語弁論大会開催!

 201812月1日(土)、第50回全道ロシア語弁論大会が北海道庁赤レンガにて行われました。

午前中には、例年同様、サハリン州の主催で文化交流が行われました。サハリンから、アンサンブル「ベールイエ・ロースィ」が来道し、華麗な民族衣装と大迫力の歌声で、会場を賑わせました。終演後、観客たちと記念撮影も行い、大きく盛り上がりました。

午後は弁論大会が行われました。2クラス制で、Aクラスは5分間のスピーチと質疑、詩の朗読、Bクラスは3分間のスピーチです。全道そして北海道外からも集まった22名の参加者が日頃の研さんの成果を披露しました。内容は、社会問題、ロシア語学習について、あるいは趣味の話まで多様です。参加者のスピーチは、それぞれ緊張感を感じさせながらも、熱意に溢れるものでした。特に、Aクラスの質疑応答では、練習の成果を存分に出そうと奮起する姿が見られました。終了後、順位の発表・表彰が行われ、アナウンスのたびに歓声が場内を包みました。今回の大会は、参加者のロシア語学習にとって、大きなステップになること間違いないでしょう。また節目となる50回目の大会を、北海道庁とサハリン州との協働で、無事実施出来たことも大きな成果といえます。

なお、結果については北海道連合会のwebサイトに掲載しました。

岩田将弥・塩越那生(北海学園大学経済学部、国際交流インターンシップ生)

【受賞者の感想】

Aクラス1位 竹内 のぞみ さん(ロシア極東連邦総合大学函館校2年生)

2ヶ月前くらいからこの大会のための練習を行ってきた。練習に付き合ってもらったゼミの先生にこの結果をまず伝えたい。(副賞のサハリンでの語学研修について)行くことをとても楽しみにしている。

Aクラス2位 平原 響 さん(ロシア極東連邦総合大学函館校2年生)

2位という好成績に「まさか」という気持ちである。まず自分を褒めたい。そして、先生にこの結果を伝えたいと思う。

Bクラス1位 小林 菜月 さん(東京外国語大学言語文化学部ロシア語科2年生)

1位になれるとは思っておらず本当に嬉しい。2ヶ月前から毎日、ロシア語の先生の研究室に通い、30分~1時間ぐらい練習していた。緊張したが、会場の皆さんが見守ってくれたので話しやすかった。


e0117314_13440198.jpg
e0117314_13434024.jpg
e0117314_13435184.jpg



by jesdoren | 2019-01-25 13:44
<< 第74期ロシア語講座受講生大募... 「おいしいユーラシア祭り」のご案内 >>