ロシア語新聞<ミーシャ>ってご存知ですか?

 札幌を取りかこむ連山もすっかりまぶしいくらいの緑に包まれて、もう初夏ですね。
つい先ごろまでは、若緑の山にピンクの山桜や白のこぶしが淡く映し出されて、<ああ、春だなあ>と<うっとり・のんびり♪>していたのですが、もう春ゼミの声がにぎやかに。

 さて、みなさん、ユーラシア協会から発行されているロシア語の新聞<ミーシャ>ってご存知ですか? 2004年に復刊され、以来コツコツつみかさねて、もう10号を数えています。ロシア語を勉強されている方、ロシア語に興味をもたれている方に向けて、年4回ほど発行している新聞です。ロシアにあらゆる意味でとっても近い北海道から発信している、ロシア語の新聞なのです。

 ロシア語でかかれたエッセイなどもありますが、全部が全部ロシア語のみ!というわけではありません。ロシア語が読めなくても大丈夫、ロシアに関するいろいろな情報を日本語で提供しています。たとえば、オススメのロシア映画を紹介する<バーバ・ヤガーの映画館>とか、野菜作りから始めるロシア料理コーナー<ロシア野菜歳時記>、ロシア語文法の面白さを語る<ロシア語万華鏡>、ロシア語の単語を覚えるヒントになるクロスワードパズルなど。ロシアについて、もうちょっと知りたいな、ここが面白いな、そう思わせるような、とっかかりになればいいと思っています。

 えー、私、ミーシャの編集長をしておりますが、特にロシアの絵本に興味があります。日本でもいろんなロシアの絵本が翻訳・出版されるようになって嬉しいです。そんな楽しい本をこれから、いっぱい紹介していきたいと思っています。 
 ミーシャ11号は6月下旬刊行。定期購読の申し込みはHPからもできますよ。
                                      <えぞ・りすこ>
[PR]
by jesdoren | 2007-06-04 21:34 | 会員情報 | Comments(2)
Commented by えぞ・ごんざ at 2007-07-04 23:19 x
ロシア語新聞”ミーシャ”は、読んだことがあります。ご紹介のように、面白く、ロシア語の勉強に役立つ内容でした。編集長の <えぞ・りすこ>さんは、とくに、紹介していませんでしたが、ロシアからの特派員の、最新のロシア紹介、生活習慣などを興味深く読ませていただきました。これからもぜひ、継続してください。
ところで、心配が1つあります。えぞりすは、熊と仲良くやっていけるのだろうか、熊のミーシャは、可愛いえぞりす子を食べてしまわないだろうか、ということです。
Commented by jesdoren at 2007-07-28 14:48
えぞ・ごんざさん、ミーシャご購読ありがとうございます。お返事が遅れて申し訳けありませんでした。私、えぞ・りすこは、山にこもって、 滝を泳いだり、登ったりしていましたよ。里に降りると、もうミーシャ11号刊行の期日が迫る!で大忙しでした。山で気力を充実させたので、いい記事ができたつもりです。ぜひ、読んでみてくださいね。ところで、山の沢を登っているとき、とっても気持ちのいい「なめ床」があって、そこに寝ころがって、水しぶきをあびていると、なんだか、クマになった気分でした! そんなこんなで、「えぞ・りすこ」は、クマ〈ミーシャ)の気持ちを身をもって理解しようとしています。きっと「りすこ」のこの姿勢が、ミーシャを変えていくかと思いますよ!!  <えぞ・りすこ>
<< 懇話会「私のサハリン旅行記」実... 稚内全国総会 >>