カテゴリ:未分類( 173 )

第50回全道ロシア語弁論大会

日本におけるロシア年/北海道・サハリン州友好・経済協力提携20周年記念事業「第50回全道ロシア語弁論大会」出場者を募集しています。

◆と き 2018年12月1日(土)13:00~17:30 
◆ところ 北海道庁赤レンガ2階 第2会議室 (札幌市中央区北3条西6丁目)

大会開催要項(pdfファイル)

【提出書類】
①弁論内容記入用紙(ロシア語)(wordファイル)
②日本語要旨記入用紙(wordファイル)
③弁論大会申込書(wordファイル)

なお、申込書等の書式が崩れる場合は ①~③書類(PDFファイル)をご利用いただくか、事務局あてご請求ください。

問い合わせや申し込みはdorenbenron@gmail.com(ロシア語弁論大会事務局)にお願いいたします。


昨年度の演題一覧はこちらをご覧ください。参考になるかと思います。(11/2)
https://jesdoren.exblog.jp/27627429/


以下に要項の内容を記載しておきます。
-------------------
日本におけるロシア年/北海道・サハリン州友好・経済協力提携20周年記念事業

第50回全道ロシア語弁論大会開催(募集)要項

◆と き 2018年12月1日(土)13:00~17:30 
◆ところ 北海道庁赤レンガ2階 第2会議室 (札幌市中央区北3条西6丁目)

1.応募について
(1)開催クラス
Aクラスは目安としてロシア語学習歴2-3年以上、Bクラスは主にロシア語学習歴1年程度ないしは初級相当の方を対象としています。
(2)応募時に提出するもの             
①ロシア語のスピーチ原稿(Aクラス5分以内、Bクラス3分以内)
※手書も可。但し明瞭書体
②弁論内容の要旨(日本語)
③参加申し込み用紙(必要事項を記載)
④参加費(各クラス共通)1,000円 
※①~③の書類は道連webサイトないしはこのページからダウロードしてご利用ください。
※参加費は、当日会場にてお支払いください。
※参考として、前回大会発表タイトルを上記サイトに掲載しました。
※ダウンロードがうまくできない場合、下記のメールアドレスまでご請求ください。
(3)応募先  e-mail : dorenbenron@gmail.com
  申し込みは原則としてe-mailでのデータ提出でお願いします。手書の場合はスキャンしてe-mailでの送信をお願いします。e-mail送信が出来ない場合は以下宛に郵送ないしはFAXしてください。
日本ユーラシア協会北海道連合会 
〒060-0806 札幌市北区北9条西4丁目エルムビル4階
℡011-707-0933/fax011-707-9722

(4)申込締切 11月19日(月)必着    
(5)Aクラス出場者への注意事項
Aクラスの課題詩は上記サイトにアップロードしてあります(近日公開)。このうちから一編を選び、当日朗読してください。
(6)応募資格             
次に該当する方以外は応募できます(北海道在住者以外も可)
①ロシア語を母語とする方
②ロシア語教授を職業としたことのある方
③ロシア語教授を職業としている方

2.審査について
全審査員による次の各項目の得点合計により順位を決定します。
【Aクラス】                     
①ロシア語による5分間のスピーチ(内容も若干考慮)
②簡単なロシア語による質疑応答       
③ロシア語詩朗読(課題詩の中から一編を選択)
【Bクラス】
①ロシア語による3分間のスピーチの総合審査

3.各賞について(予定)
【Aクラス】 
第1位 日ユ協会道連賞・北海道知事賞・サハリン州政府賞
第2位 北海道教育委員会教育長賞
第3位 NHK札幌放送局賞         (各1名)
【Bクラス】 
第1位 北海道新聞社賞・サハリン州政府賞
第2位 道連ロシア語委員会賞
奨励賞 審査委員会賞           (各1名)
【特別賞 A・B各クラス】
札幌姉妹都市協会賞(1名)
在札幌ロシア連邦総領事館賞(2名)

4.審査委員会
委員長:安藤 厚(北海道大学名誉教授)
ほか5-6名を予定

■ 主  催 ■
日本ユーラシア協会北海道連合会
サハリン州政府
北海道
■ 後  援 ■
北海道教育委員会・札幌市・(公財)札幌国際プラザ・札幌姉妹都市協会・北海道新聞社・NHK札幌放送局・在札幌ロシア連邦総領事館    (申請中を含む)
■ お問い合わせ ■
日本ユーラシア協会北海道連合会(011-707-0933


[PR]
by jesdoren | 2018-11-05 10:47

第49回全道ロシア語弁論大会演題一覧

49回全道ロシア語弁論大会 演題一覧

<Aクラス>

葉書にみる第一次世界大戦

節約について

ロシアのフィギアスケートについて

私のサハリン旅行記

煌めく音色達

ロシア語とミーシャ

<Bクラス>

笑顔の力

日本語教師を目指して

私の夢

言葉の重さ

モスクワからのメモ

ロシア民謡

サハリンへ行ってみて

すべては相対的であるか

私とロシア語

大好きな犬

おもてなし

かわいい

職業の選択

私のロシア語へのかかわり

ささやかな贈り物

おはようございます

私の名前-それは運命です

さようなら沖縄 こんにちは北海道

日本の学校でのいじめの問題について

ロシア語学習記

ロシアで何がしたいか

私の夢

ロシアへ行ったときのことと私の夢について

ロシア語を学んで

私のおばあちゃん

弓道

私のロシア語学習体験

私の中のロシア

ウズベキスタンへ行って

なんでもハラショ

ロシア語と英語





[PR]
by jesdoren | 2018-11-02 14:35

ピアノ三重奏の夕べ(帯広支部後援)

お申し込みは帯広支部(0155-24-2633)まで

e0117314_21471484.jpg
e0117314_21465496.jpg








[PR]
by jesdoren | 2018-06-03 21:48

新緑交流会

e0117314_18521597.gif

[PR]
by jesdoren | 2018-05-28 18:53

第2回日ロ交流フットサル参加者募集


※クリックすると拡大できます

e0117314_12561978.gif

[PR]
by jesdoren | 2018-05-12 12:57

第47回全国ロシア語コンクール参加者募集

クリックすると拡大されます

e0117314_08500610.gif

e0117314_08502136.gif

[PR]
by jesdoren | 2018-04-16 08:55

ロシア音楽の歴史をたずねて(5/26)


下記のように、本会会員の中添由美子氏のコンサートが開催されます。札幌支部後援です。支部でもチケット販売しております。クリックで拡大できます。

e0117314_18134160.jpg

[PR]
by jesdoren | 2018-03-28 17:47

イリヤ・イーティンピアノリサイタル

下記の通り札幌支部後援の企画が開催されます。是非ご参加ください。会員が購入する場合は複数枚でも割引価格3,000円となります。ご希望は支部までご連絡ください。よろしくお願いいたします。
e0117314_12410945.jpg

e0117314_12412053.jpg


[PR]
by jesdoren | 2018-03-14 12:41

第49回全道ロシア語弁論大会の様子

第49回全道ロシア語弁論大会開催される

2017年12月2日(土)、北海道庁赤レンガにて、第49回全道ロシア語弁論大会が開催されました。午前中は例年同様、サハリン州の主催で文化交流が行われました。サハリンから、アンサンブル「ベーリエ・ローシ(白い露)」が来道し、美麗な衣装と素敵な歌声で会場を大きく賑わせました。午後は弁論大会です。登壇者は昨年の倍近くの38名(Aクラス6名、Bクラス32名)となりました。会場全体が若々しい雰囲気で包まれていることもこの行事の大きな特徴です。登壇者は最年少の小学5年生をはじめ、高校生、大学生が多くを占めています。もちろん年長の方の存在感もその中でキラリと光るものでした。Bクラスは3分間のスピーチ、Aクラスは5分間のスピーチと質疑、詩の朗読です。Bクラスの内容は社会問題やロシアでの経験など、バラエティーに富んでいます。Aクラスの見どころは審査委員からの質疑応答です。うまく対応できている登壇者、詰まりながらなんとか言葉を絞り出す登壇者など様々でした。 終了後、順位の発表・表彰が行われ、発表のたびに会場は沸き立ちました。今回の大会が今後の学習に向けての重要なステップとなるでしょう。なお、総参加者数(推計)は150名でした。なお
結果は道連ウェブサイトhttp://www.jesdoren.org/に掲載しておりますのでそちらをご覧ください。

【受賞者インタビュー】
Aクラス1位の金子智昭さん (ロシア極東連邦総合大学函館校ロシア地域学科4年)

金子さんは、受賞後のコメントで「1位を取れた事は、自分でも驚いている、ただただ嬉しい。今後の意気込みとしてロシア語は今後も続けていきたい、またできればもっと高いレベル自分の言いたいことを言えるようになりたい」と留まることのない探究心を見せていました。

Bクラス1位の呉屋昇太さん (札幌大学1年)

呉屋さんは、受賞後のコメントで「かなり練習は積んできた。しかしまさか自分が受賞できるとは思っていなかった。連日のようにロシア人の先生に教えてもらっていたので先生には感謝している。」と語り、1位受賞してもなお、謙虚な姿勢を貫いていました。


取材・記事執筆:日ユ道連国際交流インターンシップ生 渡辺智揮・梶野優紀(北海学園大学3年生)・板谷侑生(北海学園大学4年生)  


[PR]
by jesdoren | 2018-02-05 16:02

北海道連合会で「国際交流インターンシップ」始動!

北海道連合会では、2017年度の全道総会において、「国際交流インターンシップ」を導入することを決定しました。会の諸活動に携わってもらうことで、参加者のキャリア形成につなげること、会の活動を広く知ってもらうことなどが目的です。今回、第49回全道ロシア語弁論大会で多数のインターンシップ生が参加しました。参加者から感想をいただきましたので掲載します。


渡辺智揮(北海学園大学3年生)
今年も去年に引き続きロシア語弁論大会の運営に携わり、年の近い大学生や自分よりも年齢の低い高校生や小学生が違う国の言語で自由に自分の気持ちを表現しているのを実際に聞いて強く衝撃を受けた。我々も人前で自信を持って自分を表現できる何かを見つけ、彼らのように輝きたいと感じた。また出来ることなら来年も意欲的にロシア語弁論大会に参加し、彼ら彼女らが気持ち良くロシア語と向き合えるような環境を作りたい。




[PR]
by jesdoren | 2018-02-05 15:58