<   2007年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

第三回青年交流会懇話会報告

いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます.web管理チームのアサヅマです.

今回は,本日実施されました第三回青年交流会懇話会「音楽を通じた国際交流の魅力」(話題提供者:中添由美子さん)の報告をします.(以下,聞き手のアサヅマの主観によるまとめです.読みにくい部分や勘違いの部分もあるかもしれませんが,ご容赦ください)

簡単に参加者(計8名)の簡単な自己紹介をした後,中添さんのお話がありました.

まずロシア音楽を学ぶようになったいきさつについてのお話がありました.中添さんはもともと小学校4年生の頃に,ロシアバレエ(白鳥の湖)を観たことでロシアバレエに興味をもったそうです.現在もバレエを続けていらっしゃるとか.その延長線上で,大学・大学院でロシア音楽そのものを志すようになりました.修士課程の研究課題はチャイコフスキー「ビアノ協奏曲一番」.

さて,修了後,国内での演奏活動を行っていた中添さんですが,そのうちロシアに留学したいと考え始めました.仕事の都合もあってなかなか現地へ行けなかったのですが,1995年,はじめてロシアへ留学できたそうです.特に2001年からはモスクワ音楽院附属音楽アカデミーで継続的に勉強をされてきました.

現地での音楽の勉強は日本のそれとは幾分違うようです.特に自分で何をどういうふうに弾きたいのか,という考えがないと,現地の先生に「何のために来たのか」と冷ややかな?反応されるようです.素人の私には日本でもロシアでも厳しい練習なのだろうな,と思われるのですが,目的意識をはっきりもっていなければならないこと,さらには,ピアノ専攻でもオーケストラからいろんなジャンルの音楽を知っていなければついていけないという現実もあるようです.中添さんはそのような厳しい環境の中,継続的に勉強を重ねてきています.レッスンの消化が大変だともおっしゃってましたが,中添さん曰く「先生の音楽・芸術に対する熱い思いがある」ことに大きな現地留学の魅力を感じていらっしゃるのだと思いました.

ロシアでの生活の様子についても詳しく紹介されました.1995年から継続的に現地へ行かれているだけあって,この間の町の移り変わりの様子なども紹介してくださいました.モスクワでしたので,ソ連時代の面影は消え,日本と同じようにいろんなお店(宅配ピザなど)も発展しているそうです.

私が印象深かったのは3回目の留学経験(2001年)での生活です.ホストマザーの方との2人だけでの生活,難しい問題もあったそうですが,ホストマザー自身の話やそのお父様のお話など,語ってくださったそうで,中添さんの中では大変貴重な思い出になっているんだろうな,と話を聞きながら感じていました.

その他にもたくさん楽しい話題がありました.ウィークリーマンションへの帰りに道に迷ったこと,満員地下鉄の経験,ロシアでの突然のテレビ出演,懇話会恒例?のトイレの話,等々.全てが良いことばかりだったというわけではないようですが,経済状況がどうなろうとも,「芸術に対する情熱だけは失わない」というロシアの魅力に惹かれて,「来年またロシアに留学したい」と力強くおしゃっていたのが印象的でした.

中添さんご自身もピアノ教室の先生であり,また国内でも多数の演奏活動を行っているにもかかわらず,さらにご自身の目指す音楽を追い求め,勉強をつづけていらっしゃる姿勢が素晴らしく,どのような分野の人にも刺激的な話ではなかったでしょうか.

その後,参加者から活発な質問から縦横無尽に話題が展開し,さらに喫茶店に場所を移して歓談しました.次回の予定は未定ですが,参加はオープンですので,皆様のご参加をお待ちしております.

e0117314_20522518.jpg

写真:当日の交流会の様子
[PR]
by jesdoren | 2007-11-24 21:51

青年交流会懇話会企画

さて,先日紹介した青年交流会企画
「音楽による国際交流の魅力」
(話題提供者:中添由美子さん (ピアニスト、日本ユーラシア協会札幌支部))
までまもなくとなってきました.

青年交流会主催ではありますが,もちろん青年に限る!などといったことはございません(笑)
広い世代の皆様のご参加を心待ちにしております.
参加希望される方は事務局まで遠慮なくご連絡くださいませ.
(アサヅマ)
[PR]
by jesdoren | 2007-11-15 12:10